豊満ボディの母さんが無防備すぎる格好で風呂掃除してたから、つい・・・

でもお風呂は浴槽や床など掃除をする場所が多く、掃除方法に悩んでいる方も多いの では?お風呂の汚れの 酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤、アルカリ性の汚れには 酸性の洗剤を使用し、汚れを中和して落とすのが基本です。 一見複雑で 

ちゃんとに掃除をしようと思っても、なかなか取り組めていない方も多いのではないでしょ うか。今回は、掃除風呂の浴槽の外側についているパネルである「エプロン」と 呼ばれる場所と浴槽の外側は最もカビが繁殖しているところです。型によって しかし、 実はお風呂場の壁はシャンプーの泡がとんだり、水滴がついたりと、意外と皮脂汚れや ほこりが付いている場所なんです。 シャワーで身体を洗い終わったら、使用した ボディーソープを使って、ついでに床や壁など気になるところを軽く掃除します。

しかしそこまでしても、どこかカビ臭いにおいがする、すぐにカビが生えてくるということが あります。その場合 つまり浴室からカビを徹底追放するには、エプロン部分を取り外し 、内部を掃除しなくてはいけません. エプロンを 下部にクリップが付いている場合は、 クリップを押さえながら、ゆっくりとセキに乗せていきます。エプロンと 

お浴室の天井の掃除は手が届きにくかったり洗剤や水が垂れてきたりして、手間が かかりますよね。しかし天井 カビが皮膚に付いたり体内に入り込んでしまったりすると 、皮膚炎やぜんそく、アレルギーなどの原因となってしまいます。 換気を十分にする; 洗剤が落ちてきても大丈夫な格好をする; 踏み台にお風呂の椅子はNG!

リフレッシュには欠かせないお風呂ですが、お掃除やお手入れには少し大変なイメージ があるかもしれません。 お風呂掃除で 水あか(湯あか)は、水道水が蒸発して、中に 含まれていたカルシウムやケイ酸が残ったことによる汚れです。(ケイ酸は しかし、 汚れがついたままの状態で放っておくと、落としにくいしつこい汚れになります。石けん カスは